INTERIOR DESIGN

  • Twitter
  • Facebook
  • instagram

「描くこと」から始めよう

【重要】今年の自由表現のテーマは『おいしい器』

インテリアデザイン技能検定は、主に「インテリア製図」と「インテリア自由表現」の2つの課題で構成されています。
 
「インテリア製図」は、計画する空間の条件、依頼主の家族構成と要求事項、作成する文章と図面が、試験当日に指定されます。それぞれ作成する図面には、あらかじめグリッドが用意されていますので、それに沿って描いて下さい。
 
「インテリア自由表現」は、テーマが与えられ、たてよこ150mmの枠内に、イラストや文字などを用いて自由に表現するものです。
 
今年のテーマは、『おいしい器』に決まりました。
 
食空間の提案として、食卓の上のさまざまな食器やテーブルウェアを描いてください。陶磁器やガラス、木製などの素材、洋食器や和食器、グラスなどのかたち、テーブルクロスやカトラリー(ナイフやフォーク、お箸など)、フラワーなどの雑貨や小物、美味しそうな料理やスイーツ、飲み物などを描いて、日常の食卓や特別の日(バースデーやクリスマス、お正月など)の食卓シーンを自由に描いて下さい。課題作成のイメージは、イラストの他にタイトルや簡単な説明を加えて、ポスターのような感じで仕上げて下さい。

今年は、検定(一般受験)を中止としておりますが、認定校受験のみ実施しております。